型紙とりの編成

光闇が入らない曜日で、黄色をつくと枠が2から4に増えるとする(つまりドロップが倍)。
型紙の種類はちょっと無視する。全部欲しくてフリーロットみたいな。
弱点はうてる魔法であれば必ずつけるものとして、じゃあどういう編成がいいのよ?っていう話。
というかシ白や忍白から人を増やすときにどこまで増やすのが有効かみたいな。

元々のドロップの期待値をEとすると、
シ白(3/24)なら27/24E 
シ白黒(15/24)なら39/24E
シ白青(9/24)なら33/24E
シ白吟(6/24)なら30/24E
シ白黒青(21/24)なら45/24E
シ白吟黒(18/24)なら36/24E
シ白吟青(12/24)なら42/24E
シ白吟黒青(24/24)なら48/24E

人数で割ると
シ白 54/96E
シ白黒 52/96E
シ白青 44/96E
シ白吟 40/96E
シ白黒青 45/96E
シ白吟黒 36/96E
シ白吟青 42/96E
シ白吟青黒 38.4/96E

結局人数が増えるとその影響が大きすぎて微妙ってことですかねい。
ともかく黄色狙いで吟を入れるのは3個しか増えないし微妙っぽい。
マンボエレジーがあって戦闘時間も短縮できるのを勘案すれば、くらいかしら。

シ白を2アカできる人がどうするかって観点で考えると、
(2アカの人は一人分のロットしかしないと仮定する)
シ白 27/24E
シ白黒 19.5/24E
シ白青 16.5/24E
シ白吟 16/24E
シ白黒青 15/24E
シ白吟黒 12/24E
シ白吟青 14/24E
シ白吟青黒 12/24E

結局型紙集めはジョブで希望をとってやっちゃうからあんまり意味ないんですけどネ!
あとは光曜日だと白の重要性が増して(ホーリーバニシュIII)、
闇曜日だと黒赤暗メインサポ、忍者メインが重要性が増す感じですか。
どっちかっていうとE=1.5くらいで考えて(もうちょっと低いか)、
欲しいものが揃うのに何戦くらい必要か、戦闘時間を考慮して何分かかるか考えた方が有益かも。



ついでにアビセア攻略スレから胴型紙のNM
以下引用

とりあえず流れ無視して胴型紙NM暫定まとめ
恐らくどのエリアのも1ジョブずつなにかしらが落とす、()内はその前提に基づいて類推
wikiやらブログやら自分がやったのやらから引っ張ってきた

アルテパ
Ironclad Smiter:暗忍侍学
Amarok:ナ黒コ踊
Koios:戦獣召か
Shaula:
Emperador de Altepa:
残り:モ白赤シ吟狩竜青

ウルガラン
Ironclad Triturator:モ獣か踊
Dhorme Khimaira:戦暗青(学)
Yaguarogui:白赤忍召
Blanga:シナ吟狩
Chione:黒侍竜コ

グロウベルグ
Ironclad Sunderer:ナ狩獣踊
Ningishzida:戦白侍青
Teugghia:黒暗竜忍
Bomblix Flamefinger:学コ(赤か)
Gamayun:モシ吟召
[PR]
by worldofchildren | 2010-12-16 21:16 | FFXI


<< 神竜BCもろもろ エンピリアン装束進捗状況再び >>