裏ウィン初挑戦

金曜恒例の裏で裏ウィンへ。
このLSでということになると裏ウィンは初めてでして。
おまけに自分は裏ウィンはクリアしたことがなかったりします。
昔ちょっといたLSもできてそんなに経ってないころで中々クリアできなかったんですよねー。
なんてちょっと昔を懐かしんでみたところで突入。人数は20人ほど。
どこでも言われてることですが、人数が少ないと指示が全体にいきわたりやすいなーと。
まぁ実際はその分戦力が低いわけでそれなりに困難も伴ってくるわけですけど。


で、この日の結果というと。
まず第一に範囲+スタンでかなり厄介なWSを持つ獣人を主に戦わなければならないということ。
この影響はやっぱり大きくて、スタンしている間の行動不能のせいで殲滅が遅かったり、
寝かしやら自己強化やらが遅れたり、回復が遅れたりってのはひしひしと感じました。

で、続いてはウィンの狭い通路のこと。
当然そこに適当に人が散って並んでいたら釣り役は通りづらいわけでして。
華麗なステップでかわしながら進むか引っかかりながら進まなきゃいけないので、
全体として通路の右側か左側かに寄って道を開けるように指示をだしていたんですが。
どうにもこういうところは頭から抜けやすいのか忘れがちになってることが多かったです。
苦労する側(つまり釣り役側)になれば忘れないのかなーなんて。
そういう意味でもいろんな役を経験するってのはお互いのためになると思うんですがねー。
とはいえやり方とかも確立されてないので如何せん他の人にやらせたりってのも難しいんですが。

あとは獣人処理部隊がどうしても前に出がちになってしまうこと。
釣り役 ターゲッター 黒s 寝かし 本隊 という感じにしようという話になってたんですが、
本隊が寝かしのところまで来てしまったり。ターゲッターについていっちゃう人がいたり。
そうなると獣人の戦闘位置が黒の近くになったりして範囲があるので危なくなるんですよね。
まぁでもこれもお互いにどんどん声をかけあうようにして改善するしかないかなと。

まぁそんなこんなで反省点も多かったりしたけれどウィンの厳しさを(というか他の場所の温さを)
知ることができてそれはそれでいいんじゃないかと思ったり。
でも各自でなんでそうなのかとかを考えないと意味ないんだろうけどね。

進軍は競売前で一回全滅しまして、他には特に全滅はなしで、西側は天の塔の手前の延長、
東は石像4体が近くにいる場所まで行って時間切れ+全滅という感じ。
ちなみに人数が少ないので二つにわかれてとかってことはできません。
悔いが残ったのは、終了間際に暗AFが出ちゃって希望者に行かなかったこと。

ウィンに挑戦する前に他の3国で鍛えないとかなーとか思ってますがどうなんでしょう。
[PR]
by worldofchildren | 2006-06-02 01:19 | FFXI


<< ダブルアタリ バフラウメリポ >>