PM 畏れよ、我を

というわけで行ってきました。もうちょっとでアル・タユです。
以下折りたたみ。



スカウター男が自宅謹慎食らってるはずなのにジュノ戦闘艇に来ちゃって暴れちゃったテヘ☆な話。

というわけでマメット5匹、オメガ、アルテマとの連戦です。
編成は忍戦狩白黒詩。自分は忍者。赤で行きたかったけどこの方がよさそうだったので。

マメットはまあ楽勝でオメガアルテマのWSがキツいわけで。
ポリマーは前もって6人分取ってあったので準備済み。
自分はそれに加えて、万能薬21個、ハイポ+3と+2をあわせて10個ほど、毒消しとやまびこ1D。
食事はオメガアルテマでターゲットの維持がキツくなることを見越してドラドスシ。

作戦はセオリー通り、マメは絡まれマラソンで忍者がキープ、他で1匹ずつ。
オメガアルテマは半分ほど削ったところでポリマー投入で追い込んで処理。

1回だけイベント見るのを兼ねて練習でマメットだけ倒して、2回目で本番。

突入後、強化を済ませたら、マンボマンボをもらって敵の真ん中に突入です。
ガ系巻き込まないようにPT抜けようかとも思ったんですが、距離を置けるようだったので抜けずに。
回避+69とマンボマンボでほとんど殴られずに耐えられ、敵が1匹ずつ減っていきます。
途中で敵が杖に変わったりするも、ガの詠唱始まったら少し距離を置いて蝉の詠唱で対処。
ガは200~300くらいなのでこれに加えてケアルをもらえれば全然平気です。
ラスト2匹になったところで自分で1匹タイマンで対応。残り1匹になったらプロシェル掛けなおし。
それが済んだら最後の1匹を沈めて続けてオメガへ。

オメガはガイデッドミサイルで蝉ががすがす消されるのが辛い程度で他は問題なし。
麻痺は万能薬で対処です。一度HPが100を割りましたが何とか蝉IIとハイポで乗り切って半分へ。
そこからはポリマー使用で追い込みです。
タゲが維持できずに戦士にタゲが行き、ポリマーの合間に来たパイルピッチ→カウンターで戦士死亡。
が、そのまま押し切ってオメガ撃破。そして続けてアルテマへ。

戦士は衰弱治るまでは遠隔で削り、衰弱が治ってからは接近戦。
アルテマはケミカルボムの連打がキツい。白さんはイレースばっかり唱えてました。
できるだけスロウ系が治っているタイミングで蝉をあらかじめ張り替えて対処。
一回だけ蝉IIのリキャが50秒越えてたりしましたが蝉はなんとか回る感じ。
そこからは力を振り絞って削ります。WSイーグル乱れWSとした狩人にタゲが。
最後のスラッグ外してましたが。そのまま狩人は殴られて沈没。
続いてWSマイティイカWSなどを行っていた戦士にタゲが。そのまま殴られて(ry
やっと帰ってきたターゲット。他の二人が死んで戻ってくるってのも嫌なもんですが。
微塵で〆て勝利です。忍者で行くこと決めてから狙ってました。

長くなったので雑感やらrepやら戦闘時間やらは別記事に。
[PR]
by worldofchildren | 2006-09-21 10:12 | FFXI


<< PM 畏れよ、我を別記事 忍66→67 >>