終末のシロッコ

というわけで長き戦いも一応終わりを告げました。

もう流石に忍では諦めて常に赤/忍で張り込み続けてはや半月以上。
あるフレにはテリガンにしかログインしないねといわれHPテリガンと訊かれ。
果てにはリンバスからテリガンに行くと実家に帰ったと言われ。
回りの雑音はシャットアウトして集中するのです。オフゲに。
(ありがとうDSテトリス!君がいなければ乗り切れなかった!)
(あと製図!何故か張り込みしながらだとはかどったよ!こっちはありがたくないけd)


3回目のハンティングはそんなこんなで前回からそれなり間が空いてしまった日。
某フレと一緒に喋っててうだーうだーなんて。DSで対戦したりしながら。
戦闘自体は安定してたんですが、別のフレがトレハン乗せに来てくれたり。
結局このときは出なかったけれど恵まれてるなぁと思いましたまる!


あるときは取り合いで負けたり。
POPしてバインド詠唱開始これは取れるぜこんなろー!

とか思ってたらほぼ同時に詠唱を始めたディアで取られました。
よくよく考えると蝉張ってたしバインじゃなくていいじゃんと。
こんときはなんだかもやもやしてしまって全然寝れませんでした。
なんてことはなくやっぱり次の日は爆睡&寝坊したんですけどね。


そしてある日。
ログインすると某フレがテリガンに。
レベル上げがテリガンだったからその帰りだなんて言ってますけど、
ほんとありがとうありがとうと叫びながら(心の中で)テリガンへ。
とか言ってたらわいたとか!んで別PTが戦闘開始とか!
こりゃー没時間確認して明日に備えるかなーなんて思って向かってると、
相手PTのシーフがやられたとか!どうやら2アカだかなんだかだった模様。
残るは忍白(これが多分2アカ)と赤の3人。シーフは蘇生してますが衰弱中。
頑張れNMなどと浅ましい考えは腹の中にためつつ戦況をじっくり見守ります。
浅ましい考えにWSの神様は加担してみたのかストームウィンド+通常で沈む忍者。
白赤二人でどうこうなるわけでもなく、そのまま食い荒らされる白。慟哭の谷へ走る赤。

若干横取り気味でどうかなーと思いつつHPが減り、黄色ネームとなったNM。
天候も風が終わって消え行くだけのNMだからしょーがないんだ!と言い聞かせつつバインド。
何か言われたらどうしようと終始びくびくしつつそのまま削って行き地に伏す大鳥の体。
戦利品が出たことを示す宝箱のマークは出たけれどまだまだ不安。
戦利品の一覧を確認するとそこには夢にまで見た(見てないけど)短剣の名前が。
じゃーフリーで^^と言ってロット負けました本当にありがとうございました。
などということはなく鞄に収まっていくシロッコククリ。
狂ったように某フレにお礼を述べその日は時間も遅かったので解散。


いやーほんとにありがとう。これでモチベーションも保てるしレベル69が楽しみです。
ちなみにこの後グスタフに行って雑魚掃除したらオティゴブが一発でPOPもオティは落とさずでした。

相変わらずNMドロップの装備に関しては某フレに頼りっきりです。
本当にありがとうありがとう!オティが欲しいらしいので恩返ししたいですのー。
(オティはちなみに3打数だか4打数0安打中)

ちなみにこれ、もう1週間以上前の話だったりしまs
[PR]
by worldofchildren | 2007-06-10 05:25 | FFXI


<< シ65→66 シ64→65 >>