全アサルトクリア(続き)

続いた。
前回の続きなのです。

んではペリキアから。
・海猫護送
NPCの操作がとてもとてもしづらいのでアレなアサルト。
逆にNPCの操作ができてしまえば倒す敵少ないわ楽な部類かも。

・キラーロード
狩(というかまあ遠隔持ち)が輝けるアサルト。
ポイントは二点でカックルの処理と武器防具の対応です。
自分がやったときはナ戦狩白赤コだったんですが、
戦士が話を半分くらいしか聞いておらずしかも悪い部分しか聞いてなく。
そんなわけで戦はゴルデマール卿のタゲとって序盤早々に死亡。
戦士はリレもしてなくてレイズもしたんですが後でまた範囲食らって死亡。
こりゃ終わったか!と思ったんですが武器防具にグラ効くので、
グラビデ入れて狩が頑張って削って倒してました。
結局残り30秒とかで倒したんだったかなー。ほんとギリギリでした。
結論としては話を聞かない人はやっぱりいらないのと狩が神というアサルト。
一番苦労したというかギリギリだったアサルトですなー。


続いてイルルシ。
・しょーごー(変換できn)
釣りなアサルト。かなり運が絡むと聞いていたので準備はきっちりと。
シャウトしたときの即tellが来るっぷりがやヴぁかったアサルトでもある。
正直言ってタコを釣らなかったので運がよかったとしか言いようがないんですが、
準備をきっちりする、寝かしと敵の処理ができる範囲で分かれて行動する。
この辺のことをきっちり抑えておけば3連敗、とかはないんじゃなかろうか。
オロボン自体はWSをきちんと把握しておけばそんなでもないですな。
しかしオロボンの長大息のうざっぷりはやべぇやべぇ。

・ベレロフォン
正直中尉で一、二を争う楽っぷりなんですが。
まあフルミの対応だけしときゃヌルいですなヌルヌル。
後衛一人は後ろに下がっておきましょうという話ですな。


なんだか後編の短さが目立ってしまいましたけど気にしない方向で!

ちなみにタイトルが大尉じゃないのには理由がありまして。
wikiでも見てもらえばわかるんですが大尉クエの条件には、
・全アサルトクリア
・AMコンプ
の2項目がありまして。
全アサルトクリアしてすぐにアブクーバのところに走ったら、
発生しなくて一人でGYAAAAAAAAAAAとか叫んだ馬鹿がいるとかなんとか。
[PR]
by worldofchildren | 2007-10-11 16:24 | FFXI


<< やれやれ 全アサルトクリア >>